f:id:yasepapa:20190529234826j:plain

「足底筋膜炎」と言う足裏が痛くなる症状をご存じだろうか。

私は数年前、この症状が出て歩くのもつらい状態になりました。

あの時の状況を振り返ってみたいと思います。

注意)私は医学的な事などよくわかりません。私が体験し感じたことを書いてます。同じことをされて調子が悪くなっても責任はとれませんのでご承知ください。

目次

なぜ、足底筋膜炎になったのか?

日頃運動していなかった私が体力づくりしなきゃ!と思い、急にジョギングや自転車を始めました。

週末は欠かさず、特に自転車は負荷をかけて太ももやふくらはぎの筋肉をつけるつもりで頑張ってました。

毎回、筋肉痛が少々出てくるぐらいです。

数か月後、足裏の痛みが徐々に強くなり、ついに歩くのもつらい状態になったのです。

そもそも、足底筋膜炎ってなに?

踵から足先に向かって、ちょうど土踏まずあたりにある足底筋膜が炎症を起こした症状との事。その足底筋膜がカチカチに硬くなってました。

どうやって治したの?長い長い闘いでした。

もう、いろいろネットで調べたりして試しました。

①ヒールサポーターを履く

仕事を休むわけにはいかないので、歩いた時の痛みを緩和するためにクッション性の高いヒールサポーターを買いました。

↓ ソルボ アーチウェッジヒールサポーター 薄型 オフホワイト L

特に痛みがひどい日はこれを履くと、痛みが結構和らいだので助かりました。しかし、そのクッションのせいで、あまり歩きやすいものではありませんでした。

②整体院に通院

普段行くことのない整体院も2か所試しましたが、治りませんでした。

正直、足底筋膜炎の話をしてもピンとこない先生だったので、通い続けても治るかどうか分からないなぁと思ってしまい、お金ばかりが掛かるのがイヤですぐに止めました。

③毎日ストレッチ!とにかくストレッチ!を実施

ふくらはぎを伸ばすストレッチを朝と夜やるようにしました。

イラストのようにせず、カカトを浮かさないのがポイントです。

カカトが浮いたら、ふくらはぎがしっかり伸びませんよね。

とにかく、張ったふくらはぎを伸ばすイメージで30~60秒行うよう意識しました。

f:id:yasepapa:20190601082235j:plain

④足底筋膜を直接マッサージ

椅子に座りゴルフボールを踏んでゴロゴロと足底筋膜を伸ばすイメージ。

あと、椅子に座ったまま足つぼマッサージを踏んで足底筋膜を伸ばすイメージ。

やり始めは強くせず、やさしく行なった方がよいと思います。痛ッ気持ちいいぐらいでしょうか。悪化したら意味ないので。ここは焦らず期間をかけてゆっくりと。

私は一年後、足つぼマッサージの上に立っても平気なレベルまでなりました。

↓ 足つぼマッサージ 商品名:健康抗菌ふみ竹

まとめ

治る(気にならなくなる)までに約1年掛かりました。

私的には、③と④が効果あったと思っています。

専門で治療している整形外科や整体院なら、もっと早く治るかもしれませんが私には分かりません。

今では、運動の後はストレッチは欠かせません。

たぶん、このブログにたどり着いた方は、きっと足底筋膜炎になった方でしょう。

頑張ってあきらめず元の自分を取り戻されることを願います。

参考になれば幸いです。

ではまた。

おすすめの記事